下妻探偵団 〜下妻珍スポット〜
 
           

下妻一覧表
下妻井戸端
ブログ検索
BLOG月別過去ログ
BLOGカテゴリ一覧
オンライン状況
2 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 下妻探偵団 Report を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 2

もっと...
Feed Meter
人気ブログランキング - 下妻日記帳
Web Designing
WD Examination 1 Passed!
Mobile Pironkey's
アクセスカウンタ
今日 :133133133
昨日 :203203203
総計 :662263662263662263662263662263662263

061123_1220~0001.jpg061123_1220~0002.jpg061123_1223~0001.jpg

「小野子の観音様」として地元の方々に大切にされているこの千手観音は、なんと多賀谷下総守基泰の名前が胎内に刻まれているといいます。
基泰は多賀谷祥潜の別名と言われ、祥潜は多賀谷氏が結城四天王として下妻に定住する基礎を作った人で、1555年に菩提寺である曹洞宗龍潜山多宝院を建立しています。

この千手観音は1520年に作製されたと言われていますから、本当に下妻に入ったばかりのころのものでしょう。祥潜のほか多賀谷の家臣の名前が2名彫られています。下妻市にとってとても貴重なものです。

先日亡くなった郷土史家の矢中先生が保存に尽力していたことを思い出します。

プリンタ出力用画面
前のページ
多賀谷城(下妻城)址公園
コンテンツのトップ 次のページ
大宝八幡宮


copyright (c) 2003 OCEAN-NET All right reserved
素材 : アイコンと牛飼いの部屋様