下妻一覧表
下妻井戸端
ブログ検索
BLOG月別過去ログ
BLOGカテゴリ一覧
オンライン状況
1 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 下妻日記帳 Blog を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 1

もっと...
Feed Meter
人気ブログランキング - 下妻日記帳
Web Designing
WD Examination 1 Passed!
Mobile Pironkey's
アクセスカウンタ
今日 :1313
昨日 :3434
総計 :644123644123644123644123644123644123

2013年2月3日(日曜日)

どうなんだろう

カテゴリー: - ricmania @ 01時48分49秒

うーん、これどうなんだろう。こういう事例こそマスコミは「力でねじ伏せる教育は是か非か」「教師の生命や尊厳はどう守るべきか」っていう問題提起をすべきなんじゃないかなぁ。

同級生や先輩後輩のみなさんは、拙が少なくとも真面目な品行方正な学生では無かった事は重々ご存知の事だと思う。実際に学生時代は、教師に殴られたり、叩かれたり、舐められたり、踏まれたり、罵られたり、馬鹿にされたりした。

でも、自分に非があった時に殴った教師は今でも大好きだったり、こちらに非が無いのに貶めるような行為をした教師は殴られなくても殺してやりたいと思ったし今でも大嫌いだ。

拙は、生徒がこの事例のように「公序良俗に反した行為」で注意をした教師の「生命や尊厳を脅かす行動」をした場合は怒って(時として殴る必要もあるだろう)しかるべきだと思う。正直うちの子供の教師達は事なかれに走っていて、かなり酷い生徒の指導にも手をこまねいているらしい。

思うに、むしろ勉強と併せてそこを教えてくれないと義務教育や高校はダメな大人の養成学校になっちゃうんじゃないの?うちの子供が教師にこんな事言ってるの知ったら、拙がぶっ飛ばすけどね。この先生は正しかったのか、正しく無かったのか?こういう先生こそ教壇に立つべきだと思うけど。

校舎の裏や友人達と愚痴で「あの○○センコー!う○こヤロー!」なんて言うのは可愛い標準的な社会人になれるけど、教師の前で堂々と言いのけちゃうような奴は、TXで席に割り込んで来て「なんや、ブタ」なんて悪態をつくサイテーの大人になっちゃうぜ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130202-00000043-


2010年3月28日(日曜日)

新下妻市長決定!

カテゴリー: - ricmania @ 23時40分53秒


市長選挙の結果は・・・

投票率61.43% 開票率100%
 
当 8460  稲葉本治 64 米穀販売業 無新
  6985  原部司   57 学習塾経営 無新
  6315  谷貝明信 58 元新聞記者 無新
 
ということで、前副市長の稲葉氏が当選です。


市議会議員の補欠選挙は

当 8094  中山政博 54 会社員    無元
   6768  粟野英武 65 電気修理業 無元
     5402  緑川英俊 60 会社役員  無新

ということで、一番若い経験者の当選ということでした。


しかしひどいのは あいも変わらず下妻市役所のホームページ!
前回の小倉市長の再選の際も更新されたのは数日後(その際も私はメールで苦情を入れています)。
 
今回は、つくばのコミュニティFM局のラヂオつくばから「開票速報を放送したい。もちろん無償で。」と申し出をしました。それに対する下妻市役所選挙管理委員会担当T氏の回答は「下妻市はHPで速やかに広報を行うので、市民への通知効果が疑問なラジオ放送は必要ありません」
という信じられない内容。
 
しかし蓋を開けてみると、28日23:44現在開票の確定情報までしか出ていない(しかも隠しページで)!8:56分には開票率100%で各メディアが市長及び市議会議員の当選を伝えているのにもかかわらず!です。稲葉新市長には「自治体経営」の観点から情報戦略について是非考えて欲しいです。

 
参考 http://www.city.shimotsuma.lg.jp/living/senkyo/shityou_touhyou.htm


2007年3月1日(木曜日)

平成18年度全国都市再生モデル選定事業に下妻市が!

カテゴリー: - ricmania @ 01時45分00秒

内閣府の行なった「平成18年度全国都市再生モデル選定事業」に応募した日本中の様々な機関からの提案のうち、茨城県では「つくば市(NPO法人ねこねっと)」「下妻市(しもつま未来塾)」の提案が選定されました!

これは結構すごいことです。なにしろ競争率が激しい公募事業なので(541件の応募中選定されたのは159件)。
「しもつま未来塾」は下妻市と下妻市商工会が運営しているようですね。

選定された提案は「市民、学生、行政の連携による地域資源(歴史、自然)を活かしたまちなか再生事業」というタイトル。

参考(首相官邸HP):http://www.kantei.go.jp/jp/singi/tosisaisei/bosyuu/060627kekka.html

さあ、これからどんな事をやっていくんでしょうか?お手並み拝見(声をかけてくだされば協力もしますが)です。


17 queries. 0.047 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

copyright (c) 2003 OCEAN-NET All right reserved
素材 : アイコンと牛飼いの部屋様