下妻一覧表
下妻井戸端
ブログ検索
BLOG月別過去ログ
BLOGカテゴリ一覧
オンライン状況
2 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 下妻日記帳 Blog を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 2

もっと...
Feed Meter
人気ブログランキング - 下妻日記帳
Web Designing
WD Examination 1 Passed!
Mobile Pironkey's
アクセスカウンタ
今日 :5151
昨日 :5858
総計 :645802645802645802645802645802645802

2006年11月9日(木曜日)

小島熊野神社

カテゴリー: - ricmania @ 00時00分00秒

061107_1532~0001 061107_1533~0001 石段
061107_1534~0001 061107_1534~0002
 
061107_1535~0001 061107_1534~0003

小島稲荷山は小学校時代に「前方後円墳」であると聞いたことがあります。しかし、現在の下妻市教育委員会の史跡・文化財リストにはそのような記載はありません。

現地は小島の集落の西端にある安楽寺の山門前の道を南に入っていったところで、車は停める場所も無いので自転車で行ってみました。
この不自然な小山の上には、子供用の遊具のある公園と、稲荷神社と小島地区の公民館が建っています。

私見ですが、ここは元は間違いなく古墳であったものを、南北朝から戦国時代にかけ、この小山の南に広がっていた毛野川上流の沼地からそびえる地の利を生かして、多賀谷城の南方の櫓楼として使用した可能性が高いと思います。

東から小山に登るところには、かなり古い石段がしつらえてあります。南側には山の稜線に沿って小道もあります。山頂西にはさらに土塁があり、その上に稲荷社が鎮座しています。そこから一段低い東側の平らなスペースには、この場所に不釣合いに大きな小島公民館が建っています。

この小山の北側の裾には、かなり古い石造や石碑が並べてあったり、土から顔を覗かせたりしていますが、磨耗が激しく文字などの確認はできませんでした。

ここまで中途半端に破壊されてしまうと史跡認定もされないのでしょうか。多賀谷城や井上陣屋跡も同様ですが、下妻って本当にセンスないです・・・・。


コメント

このコメントのRSS

TrackBack URL : http://pironkeys.main.jp/modules/wordpress/wp-trackback.php/67

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

改行や段落は自動です
URLとメールアドレスは自動的にリンクされますので、<a>タグは不要です。
以下のHTMLタグが使用可能です。
<a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <br> <code> <em> <i> <strike> <strong>


ご注意 : セッティングにより、コメント投稿から実際に閲覧できるようになるまで暫く時間が掛かる場合があります。 再投稿の必要はありませんので、表示されるまでお待ち下さい。

16 queries. 0.021 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

copyright (c) 2003 OCEAN-NET All right reserved
素材 : アイコンと牛飼いの部屋様